かたよらない、こだわらない

*:・゜。*:・゜*:・゜。*:・゜。*


人さまからのアドバイス、素直に受けとれるときとそうでないときがありますね。
とくに自分にとって耳の痛いことは、つい反論したくなりがち。
そういうときこそ、最後まで黙って耳を傾けることができるかどうかが大切です。
大人になるにつれて注意してもらえる機会が減ってきますから、「気づかせてくれてありがとう」と、まずは感謝の気持ちを口にしてみることです。
注意してくれた相手側からすれば、勇気のいることのはず。
それを言ってくれることは、自分のことを信じてくれているからなのです。

一方、陰口については、私は無視することがいいと思います。
直接注意してくれる人との最大の違いは、信じてくれているかどうかにあると考えます。
信じていないからこそ、陰でコソコソと言うのであって、それを気にしてそこに合わせる努力をしてみたところで、所詮は信用されることはないのです。
陰は陰のままでそっとしておいて、わざわざ日を当てる必要はありません。
あえて嫌われる必要はないけれど、同じように皆から好かれる必要もない。
それくらいの覚悟をもって生きられたら、楽になりますね。


*:・゜。*:・゜*:・゜。*:・゜。*



人気ブログランキング





スポンサーサイト

コメント